子供が受け口の治療を早く始めたほういい「理由」とは?

受け口が自然に治る確率は、6%です。
受け口の子が100人いたら6人しか治らない、94人は治らないのです。
ということは、ほとんど治らないのです。

「自然に治る確率にかけたい」
「お金がかかるから」
どうしても様子を見たくなるのが人情です。

でも、ほとんど治らないともいえるのです。
さらに、治療を始めるなら、早いに越したことはありません。
では、どうして早く始めなくてはならないのでしょうか?
何でそんなに急かすのでしょうか?

その理由を紐解いていきましょう。

まず、あごの成長の仕組みについて知りましょう

先生
これは、顔の成長曲線。

顔の成長曲線
先生
顔の成長は、だいたい6歳で大人の顔の8割出来上がります。
ということは、6歳でほぼ決まっちゃう。
できたら、3歳から始めて6歳までに終わるのが理想。
3・4・5歳で始めるのがベストなんです。
ふつうの矯正は、「6歳から」って言われるんだけど、
ただ、6歳でいったん成長が止まってしまう。
それが「第一次成長」と呼ばれる時期で、6歳まで。
その後の「第二次成長」が10~14歳。(女の子は14歳まで、男の子17歳まで)

表
先生
受け口の治療に6年かかるとしたら、女の子8歳、男の子11歳が受け口の治療開始の「ラストチャンス」なんです。
できたら、3歳から始めて、6歳までに終わるのが理想。
上アゴの成長を妨げないために、遅くとも10歳には始めてほしい。

0120-016-487

治療を先延ばしにすると、心配になること「4つ」

先生
ベロの位置って気にしたことありますか?

先生
お母さん
いや、ぜんぜん気にしたことありません。

先生
普段生活していたらあまり気にすることはないと思います。
一般的に正常な人は、どこにベロの先があると思いますか?

お母さん
・・・・・?どこなんでしょう??

先生
上アゴにベロの先についているのです。
受け口の場合、特にベロの位置が、まずいの。

受け口の子は、上アゴの成長がブロックされて上アゴは小さいままだから、ベロの置き場がなくなる、上アゴにベロの居場所がなくなるんです。
上アゴ、狭いもんね、成長しないから。
そうすると、下アゴに行くんです。
まとめるとこんな感じです。

受け口のままだと、心配になること「5つ」

案外、しゃくれアゴをコンプレックスに感じている人は多いのです。
「見た目が悪い」以外にも、下記の「機能的なデメリット」が5つあります。
  • 1. 上アゴが成長できない
  • 2. ベロは上アゴにいなくてはならないのに居場所がなくなり、下アゴに常駐する
  • 3. うまく呼吸ができなくなる(口呼吸になる)
  • 4. 筋肉が張って、ベロの筋肉がうまく動かなくなる「あいうえお」が濁って聞こえる発音障害になる。(どもることもあります)
    低舌位
  • 5. 下アゴにあるベロが下アゴを押すので、下アゴが前に更に出る。
    ベロの力(ちから)ってすごくて、常時3~4キロで押しています。
    受け口の子は、必ずベロが下アゴにあります。

    ベロ器具
    ※この器具で、ベロの位置を変えます

間に合うのか?間に合わないのか?の「目安」があります

お母さん
知らなかったです。
一体、マックスどれくらいまでの年齢で治療ができるのですか?

先生
調べるには、種子骨(しゅしこつ)を診るとわかります。
レントゲン撮るとわかる。

お母さん
何ですか?種子骨(しゅしこつ)って?

先生
ココの骨ができている子は、成長が止まっているので、それをレントゲンで撮るとわかる。

手の写真
手のレントゲン
先生
これは昔から矯正の世界では知られているところです。

お母さん
歯医者で手のレントゲンを撮るんですか?
不思議な感じがしますね。

先生
そうそう。
歯医者だけど手のレントゲンを撮るの。(笑)
小さい子は、撮らなくてもわかるんだけど、ギリギリの子、13~17歳くらいの子が年に1人か2人、間に合うかな?というのを診るのに「目安」として診ることもあります。
「うちの子、間に合うかしらどうかしら?」という時ですね。

お母さん
親としては、正直、先延ばしにしたいです。
お金の心配もありますし・・。

先生
歯科検診をする先生は「様子を見よう」って言うけど、「本当にそれでいいの?」って理由はさっきお話しましたよね。
上アゴの成長を下アゴがブロックしちゃうんです。

先生
先生
受け口のまま、つまり下アゴが上アゴの成長をブロックした状態でいたら、せっかくの成長期がもったいない!
歯科矯正と受け口の治療の順番で言えば、受け口の方が、絶対先!
まずこれを乗り越える。
矯正のほうが優先順位として後です。
受け口を治してから、歯科矯正をする。

受け口は、見た目もそうだけど、どんどん助長されて将来何十年、おじいちゃんおばあちゃんになるまで80年間苦しむことになるです(不定愁訴、アトピー、アレルギー)。
健康な人生を送ることは、子供本人にとっても親にとってもすごく大事なこと。
これから先の、心配事はなくなるということです。

ちなみに、80歳で歯が20本ある人で受け口の人は、ほぼいないというデータもあります。

お母さん
そうなんですねえ・・・。
「あの時やっておいてあげればよかった」って後悔したくないですね。

0120-016-487

「3歳からの受け口治療」について、お母さんの素朴な疑問

お母さん
では、実際始めるとしたら・・。
素朴な疑問なんですが、「3歳から」っていうんですけど、3歳の子が理解してちゃんと治療器具を口に入れてくれるんですか?

手の写真
先生
正直言ってはじめは(治療器具)見せないよ。

お母さん
では、先生が子供にどういうアプローチをするのかを知りたいです。

先生
ほとんどお母さんにアプローチします。
3歳じゃ、わからへんもん。
4~5歳になると本人わかってくれるけど。

お母さん
ちなみに3歳でやる子っているんですか?

先生
います。
3歳でやると、アゴが柔らかいから効果が出るのも早い。
ベロの習慣で逆戻りこともあるので、その後、継続して来てもらう必要あります。
「ベロの筋トレ」をしないと戻るから。
「腹筋やめたらダメよ」っていうのと一緒。
ベロは筋肉の固まりだからね。
骨が固まったら安定するので戻ることを心配しなくて大丈夫です(13歳くらい)。

受け口(反対咬合)を、乗り越えたら前歯を使ってよ~く噛んでください。
お母さんは、なるべく食材を切らないこと。
例えば、きゅうりを切らずに丸のまま出して「味噌きゅうり」とか、フランスパンを噛みちぎるとか、ジャガイモ丸ごとカレーに入れるとか・・ウチはそうしているんだけど。

お母さん
いいですね!
わたし的には、楽できます。(笑)
いっぱい噛む事が大事なんですね!

先生
そのことでアゴの骨が成長します。
でも、受け口のまま、乗り越える前の段階ではやっちゃいけないよ。
受け口がある程度治ったら、食材を大きく切ってね。

お母さん
そうなんですね。
まず「受け口を治す」のが、第一優先なんですね。

先生
そうそう。
さっきの話に戻るね。

どういう風にアプローチするか、3歳の子の受け口治療を始めるにどうするか?だけど、お母さんにとにかく「ほめて!」ってお願いします。
「入れたらかわいいね」「すごいね!」「かっこいいね!」
何でもいいから、小さい子は褒めちぎる。
器具も、硬いものから柔らかいものまで用意して、臨機応変にやります。

お母さん
効果は硬いものの方があるのですか?

パナシールド
パナシールド
パナシールド
(柔らかいのから、硬いのまでいろいろな種類があります)
先生
いや、それは噛み合わせや、人それぞれです。
硬いのがいい時もあるし、慣れていないから柔らかいのからスタートすることもある。
その人に合わせます。子供は単純なんで、ほぼほぼできる。
3歳でできなかったら、4歳でOK。
3歳だとたまにできない子もいますが、はじめ「やだっ!」て外す子も、だんだん出来るようになる。
そこはお母さんお父さんとうまく「伴走」していくので安心して下さい。

先生
お母さん
そういってもらえると、心強いです!!

先生
走るといえば、僕、サハラマラソンに行ったんですよ。
一日に冬と夏があるような気候の中、5日間走ります。

お母さん
冬と夏?
サハラって、すごく暑いんじゃなかったでしたっけ?

先生
そう、日中は50度だけど、夜間は13度、冬みたいに寒くなるの。
4日間フルマラソンくらい走って、最後の日は「オーバーナイトランニング」で80キロ走るんです。

マラソン
お母さん
うわあ、24時間テレビもまっ青ですね。(笑)

先生
出る人は、結構な経営者の人が多いんです。
高いお金払って苦しい思いしにくる(笑)。
経営者はいろいろなことを学びに来るんですね。
なので、一緒に走ることは慣れています、大丈夫ですよ!

お母さん
ますます心強いです!